Windows 8 システム ビルダー製品--個人使用ライセンス

 

マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項

WINDOWS 8

Microsoft Windows 8 をお選びいただきありがとうございます。本文は、お客様と Microsoft Corporation (またはお客様の所在地に応じては、その関連会社) の間で締結される、Windows 8 ソフトウェアの使用権を定めたライセンス契約書です。便宜上、本ライセンス条項は 2 つの部分で構成されています。最初の部分には、導入的な条項が質疑応答形式で記載されています。その後に続く追加条項および品質保証規定には、内容がより詳細に記載されています。すべての条項が重要であり、一体となってお客様に適用される本契約を形成するため、リンク先の条項を含む本ライセンス条項全文を確認してください。お客様は、本ソフトウェアを実行している場合、使用しているブラウザー ウィンドウに転送リンクを貼り付けることで、リンク先の条項を確認できます。 追加条項には、拘束力のある仲裁に関する条項および集団訴訟の権利放棄について記載されています。お客様が米国内に居住している場合、「追加条項」はマイクロソフトとの訴訟解決の権利に影響を及ぼすため、内容を注意深くお読みください。

お客様は、本ライセンス条項に同意することにより、または本ソフトウェアを使用することにより、以下のすべての条項に同意され、アクティベーション中および本ソフトウェアのインターネット ベースの機能において、特定の情報が送信されることに同意されたものとします。お客様がこれらの条項に同意せず、またこれらの条項を遵守しない場合、本ソフトウェアまたはその機能を使用することはできません。 その場合、未使用の本ソフトウェアをその購入店か、または本ソフトウェア ライセンスの購入店に返品してください。お支払いいただいた金額の払い戻しを受けられる場合があります。

本ソフトウェアはどのように使用できますか。 当社は本ソフトウェアまたはその複製物をお客様に販売するものではなく、その使用許諾を与えるものです。マイクロソフトのライセンス許諾の下、当社は、「本ソフトウェアで許可されない行為などはありますか」に概説されている制限に従うことを条件に、お客様が個人的な使用を目的として構築されたコンピューター上のオペレーティング システムとして、またはローカル仮想マシンまたは別個のパーティションで実行する追加のオペレーティング システムとして、1 台のコンピューター (ライセンスを取得したコンピューター) に本ソフトウェアの複製 1 部をインストールして実行する権利を許諾します。本ライセンスは、一度に 1 人のユーザーが使用する目的に限り、およびお客様が本ライセンス条項のすべての条件に従う場合に限り許諾されます。本ソフトウェアのライセンスは、サーバー ソフトウェアとしての用途や、商業的ホスティングを目的とした用途には許諾されません。したがって、本ソフトウェアを、ネットワークを介して複数のユーザーに同時に使用させることはできません。マルチユーザー シナリオおよび仮想化の詳細については、「追加条項」をご参照ください。

バックアップ用の複製を作成できますか。 はい。お客様は、バックアップ目的で本ソフトウェアの複製 1 部を作成し、以下の規定に従って、そのバックアップ用の複製を使用することができます。

本ソフトウェアを別のコンピューターに移管したり、別のユーザーに譲渡したりできますか。 お客様は、お客様が所有する他のコンピューターに本ソフトウェアを移管することができます。また、a) お客様が本ソフトウェアについて最初にライセンス許諾されたユーザーであり、また、b) 新しいユーザーが本ライセンス条項の条件に同意すれば、本ソフトウェアを (そのライセンスと共に) そのユーザーが所有するコンピューターに移管できます。このようなライセンスの譲渡を行う場合は、当初の収録メディア、Certificate of Authenticity ラベル、プロダクト キー、および購入証明書をもう一方のユーザーに直接譲渡する必要があります。その際、本ソフトウェアの複製をお客様が保持することはできません。お客様は、本ソフトウェアを移管するために、マイクロソフトがお客様に作成を許可したバックアップ用の複製、または本ソフトウェアを収録したメディアを使用することができます。 お客様が本ソフトウェアを新しいコンピューターに移管する場合は必ず、本ソフトウェアを以前のコンピューターからアンインストールする必要があります。コンピューター間でライセンスを共有する目的で本ソフトウェアを移管することはできません。Get Genuine Windows ソフトウェア、Pro Pack ソフトウェア、または Media Center Pack ソフトウェアは、ライセンスを取得したコンピューターと共に譲渡する場合にのみ移管できます。

インターネットでのアクティベーションはどのように行われますか。 お客様が本ソフトウェアの使用中にインターネットに初めて接続したときに、本ソフトウェアによってマイクロソフトまたはその関連会社への問い合わせが自動的に行われ、本ソフトウェアが正規のものであることが確認され、そのライセンスがライセンスを取得したコンピューターに関連付けられます。このプロセスを「アクティベーション」といいます。アクティベーションは、本ソフトウェアのライセンス機能またはアクティベーション機能への不正な変更を特定したり、本ソフトウェアの不正使用を防止したりすることを目的としているため、 お客様がアクティベーションを無視または回避することは、禁止されます。

本ソフトウェアによって個人情報が収集されますか。 お客様のコンピューターをインターネットに接続すると、本ソフトウェアの一部の機能が、マイクロソフトまたはサービス プロバイダーのコンピューター システムに接続して、個人情報などの情報を送受信する場合があります。接続が行われる際、お客様に対する個別の通知は行われない場合があります。お客様は、このような機能を使用することを選択した場合、その機能の使用時にこの情報が送受信されることに同意するものとします。これらの機能の多くは、無効にするか、使用しないように選択することができます。

個人情報はどのように使用されるのですか。 マイクロソフトは、本ソフトウェアの機能を通じて収集した情報を、本ソフトウェアのアップグレードや修正、またはマイクロソフト製品およびサービスの向上に使用します。場合によっては第三者とも情報を共有します。たとえば、エラー報告は関連するハードウェアおよびソフトウェア ベンダーと共有され、マイクロソフト製品とこれらのベンダー製品との連動性を改善するためにこの情報が使用される場合があります。お客様は、マイクロソフトのプライバシーに関する声明 (go.microsoft.com/fwlink/?linkid=190175) の記述に従って個人情報が使用され、公開されることに同意するものとします。

本ライセンス条項の適用対象は何ですか。 本ライセンス条項は、本ソフトウェア、お客様が本ソフトウェアを受領したときのメディア、および本ソフトウェアに関連するマイクロソフトの更新プログラム、追加ソフトウェア、およびサービスに適用されます。ただし、これらに別途ライセンス条項が付属している場合は、その限りではありません。また、本ソフトウェア機能とは独立した、Windows に含まれる Windows アプリケーションにも適用されます。

本ソフトウェアで許可されない行為などはありますか。 はい、あります。本ソフトウェアはライセンス許諾されるものであり、販売されるものではないため、本ライセンス条項に明示的に許諾されていない権利 (知的財産に関する法律に基づく権利など) はすべてマイクロソフトが保有します。特にこのライセンスは、次の行為に関してお客様にいかなる権利も与えるものではなく、次の行為を行うことはできません。本ソフトウェアの機能を別々に使用または仮想化すること。本ソフトウェアを公開、複製 (許諾されたバックアップ用の複製を除く)、レンタル、リース、ま たは貸与すること。本ソフトウェアを譲渡すること (本ライセンス条項で許諾されている場合を除く)。本ソフトウェアの技術上の保護手段の回避を試みること。本ソフトウェアに対してリバース エンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブルすること。ただし、関連する法令において、禁止の合意にもかかわらずこれらの行為が許可されている場合のみ、この制限に関係なく、このような行為も法の範囲で許可されます。お客様は、お客様の個人的な使用のために構築しているコンピューターを除く任意のコンピューター上のオペレーティング システムとして、またはローカル仮想マシンまたは別個のパーティションで実行するオペレーティング システムとして、本ソフトウェアをインストールすることはできません。お客様は、非正規の Windows オペレーティング システムを実行しているコンピューター上に、本ソフトウェアをインストールすることはできません。お客様は、商業的な使用を目的としたオペレーティング システムとして本ソフトウェアを使用する場合、かかる商業的な使用を目的として本ソフトウェアの複製を合計 5 部を超えてライセンスすることはできません (また、本ソフトウェアの各複製は個別にライセンスされなければなりません)。インターネット ベースの機能または Microsoft ファミリー セーフティを使用している場合、お客様は、第三者によるサービスの使用を妨げるような方法でこれらのサービスを使用することはできません。また、サービス、データ、アカウント、またはネットワークへの不正なアクセスを試みるためにこれらのサービスを使用することはできません。

追加条項

1. ライセンスに関する権利と複数のユーザーが使用するシナリオ

a. コンピューター。本ライセンス条項では、「コンピューター」とは、本ソフトウェアを実行することのできる内部記憶装置を搭載したハードウェア システム (物理的システムまたは仮想システム) を意味します。ハードウェアのパーティションまたはブレードはコンピューターと見なされます。本ソフトウェアは、ライセンスを取得したコンピューターに搭載された 1 個のプロセッサ上で実行するためのライセンスを許諾します。

b. 複数のバージョン。本ソフトウェアには、複数のバージョン (例: 32 ビット バージョンと 64 ビット バージョン) が含まれており、お客様がインストールできるのはそのいずれか 1 つです。

c. 複数接続またはプールされた接続 。マルチプレキシングまたは接続をプールするために、または本ソフトウェアにアクセスもしくはこれを使用するデバイスもしくはユーザーの数を減らすためにハードウェアまたはソフトウェアを使用しても、お客様に必要なライセンスの数が減ることはありません。お客様は、使用している本ソフトウェアの複製ごとにライセンスを取得している場合にのみ、これらのハードウェアまたはソフトウェアを使用できます。

d. デバイスの接続。お客様は、ライセンスを取得したコンピューターでファイル サービス、印刷サービス、インターネット インフォメーション サービス、インターネット接続の共有およびテレフォニー サービスを利用することを目的として、ライセンスを取得したコンピューターにインストールされた本ソフトウェアに対し、最大 20 台の他のデバイスからの接続を許可することができます。お客様は、任意の数のデバイスに、デバイス間でデータを同期するために、ライセンスを取得したコンピューター上の本ソフトウェアにアクセスすることを許可することができます。ただし、本項は、お客様がこれらの他のデバイスに本ソフトウェアをインストールしたり、本ソフトウェアの主要な機能 (本項に記載する機能を除く) を当該デバイス上で使用したりする権利を有することを意味するものではありません。

e. 仮想化された環境における使用。お客様は、仮想化ソフトウェアを使用して単一のコンピューター ハードウェア システムに 1 台以上の仮想コンピューターを作成する場合、物理的コンピューターは、本ライセンス条項の目的上、別個のコンピューターとみなされます。このライセンスでは、物理的コンピューターであるか仮想コンピューターであるかにかかわらず、1 台のコンピューターに本ソフトウェアの複製 1 部のみをインストールして使用することが許諾されます。お客様は、複数の仮想コンピューター上で本ソフトウェアを使用する場合、本ソフトウェアの別個の複製を取得し、複製ごとに別途ライセンスを取得しなければなりません。仮想化された環境では、デジタル著作権管理技術またはその他のフル ボリューム ディスク ドライブの暗号化テクノロジで保護されたコンテンツのセキュリティ レベルは低い場合があります。

f. リモート アクセス。本ソフトウェアには、ライセンスを取得したコンピューターにインストールされた本ソフトウェアまたはアプリケーションに他のデバイスからリモート アクセスできるようにするテクノロジとして、リモート デスクトップおよびリモート アシスタンスが含まれています。

  • リモート デスクトップ 。リモート デスクトップ機能またはこれに類似するテクノロジは、このコンピューターから外部のコンピューターを使用するためにライセンスされます。お客様は、リモート デスクトップを使用して、このコンピューターから、別途ライセンスを取得したホスト PC で実行されている特定のエディションの Windows ソ フ トウェアにアクセスすることができます。
  • リモート アシスタンス 。お客様は、リモート アシスタンスまたはこれに類似するテクノロジを使用して、本ソフトウェアの追加ライセンスを取得せずに、アクティブなセッションを共有することができます。リモート アシスタンスを使用すると、通常は問題を修正するために、あるユーザーが別のユーザーのコンピューターに直接接続することができます。

2. 拘束力のある仲裁と集団訴訟の権利放棄

a. 適用。本第 2 条は、任意の紛争に適用されます。ただし、お客様、マイクロソフト、またはマイクロソフトのいずれかのライセンサーの知的財産権の執行または有効性に関連する紛争は含まれません。 紛争とは、契約、保証、不法行為、制定法、法令、条例、その他法律または衡平法のいずれを根拠とするかにかかわらず、本ソフトウェア (その価格を含む) または本ライセンス条項に関してお客様とマイクロソフトの間で発生した任意の紛争、訴訟、または争議を意味します。「紛争」という語は、法律の下で許容される最大限広範な意味で使用するものとします。

b. 紛争の通知。紛争の発生の際、お客様またはマイクロソフトは、他方当事者に対し、いずれかの当事者が指定した名前、住所、連絡先情報と紛争の原因となった事実、および請求された救済措置を書面に記載した紛争通知を送付するものとします。紛争通知は、米国郵便にてMicrosoft Corporation (ATTN: LCA ARBITRATION, One Microsoft Way, Redmond, WA 98052-6399) まで送付する必要があります。紛 争通知フォームは、go.microsoft.com/fwlink/?linkid=245499 から入手できます 。マイクロソフトは、紛争が発生した場合は、お客様の住所を知っていればその住所宛てに米国郵便で、またはお客様の電子メール アドレス宛てに送付します。お客様とマイクロソフトは、紛争通知が送付された日から 60 日以内に非公式の交渉を通じてすべての紛争の解決に努力するものとします。60 日以降、お客様またはマイクロソフトは仲裁手続きを開始することができます。

c. 少額裁判所。また、紛争が少額裁判所で取り扱うべきすべての条件を満たしている場合、お客様の所在地か、またはワシントン州キング郡の少額裁判所でも訴訟を起こすことができます。お客様は、最初に非公式に交渉を行ったかどうかにかかわらず、少額裁判所に提訴することができます。

d. 拘束力のある仲裁お客様とマイクロソフトは非公式の交渉または少額裁判所で紛争を解決できない場合、それ以外の紛争解決手段は拘束力のある仲裁のみによるものとします。お客様は、すべての紛争について、判事または陪審員による裁判所に起訴する (または集団訴訟の原告の一員として参加する) 権利を放棄することになります。 この場合、すべての紛争は中立的な仲裁人に委ねて解決するものとします。仲裁人の決定は、連邦仲裁法に基づく限定された上訴権を除き、最終的なものとなります。両当事者のいかなる管轄裁判所も、仲裁人の裁定を執行することができます。

e. 集団訴訟の権利放棄 いかなる紛争についても、法廷地で解決したり起訴したりするあらゆる訴訟は、個別にのみ実施するものとします。お客様またはマイクロソフトのいずれも、いかなる紛争についても、集団訴訟、司法長官による民事訴訟、またはいずれかの当事者が代表者として訴訟を提起または提案するその他の手続きを通じて解決を求めることはできないものとします。いかなる仲裁または訴訟も、影響を受けるすべての仲裁または訴訟に対するすべての当事者の事前の書面による同意なしに、別の仲裁または訴訟と併合されないものとします。

f. 仲裁手続き、費用、手数料、および報酬。すべての仲裁手続きは、米国仲裁協会が、その商事仲裁規則の下、および多くの場合は、消費者関連紛争の補完手続きの下、実施します。詳細については、adr.org を参照するか、1-800-778-7879 まで電話でお問い合わせください。75,000 米ドル以下の紛争については、マイクロソフトは、仲裁提起費用を即座に払い戻し、AAA 費用および仲裁費用を支払うものとします。お客様とマイクロソフトは、go.microsoft.com/fwlink/?linkid=245495 に公開されている手続き、手数料、および報奨を規定した条項に同意します。仲裁を開始するには、go.microsoft.com/fwlink/?linkid=245497 で入手可能な仲裁請求用紙を AAA に提出します。お客様は、お客様の所在地か、またはワシントン州キング郡で仲裁の開始手続きを行うことに同意します。マイクロソフトは、お客様の所在地で仲裁の開始手続きを行うことに同意します。

g. 請求または紛争は 1 年以内に申し立てるものとする。制定法上許容される最大限において、本ライセンス条項に基づいて第 2 条が適用されるいかなる請求または紛争も、1 年以内に少額裁判所 (第 2 条 c 項) に申し立てるか、または仲裁 (第 2 条 d 項) を申し立てるものとします。この場合の 1 年は、請求または紛争を申し立てることが可能になった最初の日から起算されます。1 年以内に申し立てなかった場合、かかる請求または紛争は永久に排除されます。

h. 可分性。第 2 条 e 項の集団訴訟の権利放棄が紛争全体または紛争の一部に対して違法または執行不能と判断された場合、その部分に第 2 条 (仲裁) は適用されません。その場合、その部分は切り離されて裁判所で手続きが進められ、残りの部分は仲裁で手続きが進められるものとします。第 2 条に規定するその他の条項で、違法または執行不能と判断されたものがある場合、その条項は、引き続き完全に有効性である第 2 条の残りの条項とは切り離されて扱われます。

3. 法の選択

契約違反に対する請求、消費者保護法、不正競争防止法および黙示の保証に関する法律に基づく請求、不当利得返還請求、ならびに不法行為に基づく請求を含む、本ライセンス条項に基づくすべての請求および紛争には、お客様の住所の地域または国の法律が適用されます。お客様が本ソフトウェアを住所地国以外の国で入手された場合、本ライセンス条項は当該国の法に準拠するものとします。本ライセンス条項は、特定の法的な権利を規定します。お客様は、地域や国によっては、本ライセンス条項の定めにかかわらず、消費者としての権利など、本ライセンス条項と異なる権利を有する場合があります。また、お客様は本ソフトウェアの取得取引の相手方に対して権利を取得できる場合もあります。本ライセンス条項は、お客様の地域または国の法律がその法律に基づく権利の変更を許容しない場合、それらの権利を変更しないものとします。

4. アクティベーション

a. アクティベーションの仕組みの詳細 。本ソフトウェアは、インストールされた本ソフトウェアの複製のライセンスが正式に取得されているかどうかをお客様に通知します。アクティベーション中、本ソフトウェアは、本ソフトウェアおよびお客様のコンピューターに関する情報をマイクロソフトに送信します。この情報には、本ソフトウェアのバージョン、言語、プロダクト キーのほか、コンピューターのインターネット プロトコル (IP) アドレス、および、コンピューターのハードウェア構成に関する情報が含まれます。アクティベーションに関する詳細については、go.microsoft.com/fwlink/?linkid=190175 を参照してください。ライセンスを取得したコンピューターがインターネットに接続されている場合、本ソフトウェアはマイクロソフトに自動的に接続してアクティベーションを行います。本ソフトウェアのアクティベーションは、インターネットまたは電話により、手動で行うこともできます。いずれの場合も、インターネットおよび電話の通信料金が発生することがあります。

b. 再アクティベーション。お客様がコンピューターのハードウェア構成を変更した場合や、本ソフトウェアの設定を変更した場合には、本ソフトウェアの再アクティベーションを行う必要が生じることがあります。

c. アクティベーションの失敗 。オンラインでのアクティベーション中、本ソフトウェアのライセンス機能またはアクティベーション機能が偽造されているか、ライセンスが正式に取得されていないか、不正な変更が含まれていることが確認された場合、アクティベーションは失敗し、本ソフトウェアは、改変されたマイクロソフト ソフトウェアを正規のマイクロソフト ソフトウェアと置き換えることで本ソフトウェアの修復を試みます。本ソフトウェアは、インストールされた本ソフトウェアの複製のライセンスが正式に取得されていない場合、または不正な変更が含まれている場合は、その旨をお客様に通知します。また、適切にライセンスされたソフトウェアの複製を取得するよう求める通知がお客様に表示されることがあります。本ソフトウェアのお客様の複製についてライセンスが正式に取得されていないことが確認された場合、お客様は、マイクロソフトから更新プログラムまたはアップグレードを入手できなくなる場合があります。

5. インターネット ベースの機能、プライバシー

以下のソフトウェア機能はインターネット プロトコルを使用しており、お客様のインターネット プロトコル (IP) アドレス、オペレーティング システムの種類、ブラウザーの種類、使用している本ソフトウェアの名称およびバージョン、ならびに本ソフトウェアをインストールしたコンピューターの言語コードなどのコンピューター情報をマイクロソフト (またはそのサプライヤーもしくはサービス プロバイダー) に送信します。マイクロソフトは、Windows 8 のプライバシーに関する声明 (go.microsoft.com/fwlink/?linkid=190175) に従ってこの情報を使用して、お客様がインターネット ベースの機能を利用できるようにします。たとえば、これらのサービスのいずれかに依存しているアプリケーションをお客様が取得した場合、インターネット ベースの機能の一部が、後日、マイクロソフトの Windows Update サービスを介して提供されることがあります。

a. Windows Update。お客様が本ソフトウェアの Windows Update サービスを使用している場合、このサービスを適切に機能させるために Windows Update サービスの更新またはダウンロードが適宜必要になり、お客様に通知することなくダウンロードとインストールが行われます。

b. Windows デジタル著作権管理技術。一部のコンテンツ所有者は、著作権およびその他の知的財産を保護する目的で、Windows デジタル著作権管理技術 (WDRM) を使用しています。これには、WDRM がコンテンツを保護できない場合、保護されたコンテンツを再生する本ソフトウェアの機能を無効にすることも含みます。お客様は、マイクロソフトがライセンスに失効リストを含めることに同意するものとします。

c. Windows Media Player。お客様が Windows Media Player を使用すると、お客様の地域において利用可能なオンライン音楽サービスおよび Windows Media Player の新しいバージョンが、マイクロソフトに対して確認されます。Windows Media Player は、go.microsoft.com/fwlink/?linkid=104605 の説明に従ってのみ使用することができます。

d. Windows Defender。Windows Defender を有効にすると、ウイルス、ワーム、ボット、ルートキット、「スパイウェア」や「アドウェア」など、問題を起こす可能性のある危険なソフトウェアがコンピューターに存在しないかどうかが検査されます。お客様が本ソフトウェアを初めて使用し始める際に「推奨」セキュリティ設定を選択した場合、「高」または「重大」と評価されたマルウェアおよびその他の望ましくない可能性のあるソフトウェアが自動的に削除されます。この削除によって、コンピューターにある他のソフトウェアが動作しなくなる場合や、またはお客様がそのソフトウェアを使用するためのライセンスに抵触することになる場合があります。望ましくないソフトウェアではないソフトウェアも削除されたり、無効化されたりする可能性があります。お客様が Windows Defender および Windows Update を使用している場合、Windows Defender は Windows Update を介して定期的に更新されます。

e. 悪意のあるソフトウェアの削除。Windows Update を月に少なくとも一度使用すると、本ソフトウェアは、go.microsoft.com/fwlink/?linkid=241725 で公開されているマルウェアがないかコンピューターをスキャンして削除します。スキャン完了後、検出されたマルウェア、エラーに関する特定の情報、およびお客様のコンピューターに関するその他の情報についての報告がマイクロソフトに送信されます。この情報は、本ソフトウェアや、その他のマイクロソフト製品の改善のために使用されます。お客様は、本ソフトウェアの報告機能を go.microsoft.com/fwlink/?linkid=241725 に記載されている手順に従って無効にすることができます。

f. SmartScreen フィルター。SmartScreen フィルターを有効にすると、お客様が表示しようとする Web ページおよびダウンロードのアドレスが、安全でないまたは疑わしいとマイクロソフトに報告された Web ページおよびダウンロードの一覧 (頻繁に更新されます) に対して確認されます。また、SmartScreen では、お客様が実行しようとするダウンロードされたプログラムも、一般的にダウンロードまたは実行されるプログラムの一覧に対して確認されるため、お客様が十分な情報に基づいた信頼できる判断を下すのに役立ちます。詳細については、go.microsoft.com/fwlink/?linkid=239590 の「プライバシーに関する声明」をご参照ください。Windows または Internet Explorer で SmartScreen を有効にすることによって、お客様はこの機能を受け入れることを承諾し、Windows または Internet Explorer と共にのみ SmartScreen フィルターを使用することに同意するものとします。お客様は、手動によっても、ソフトウェアまたはサービスを有効にしたり許可したりすることによっても、SmartScreen フィルターによって提供されたデータを複製、表示、頒布、収集、または保存することはできません。

g. IPv6 ネットワーク アドレス変換 (NAT) Traversal サービス (Teredo)。お客様がライセンスを取得したコンピューターを起動するたびに、Teredo によってインターネット上に公開されているインターネット プロトコル バージョン 6 (IPv6) サービスの検索が実行されます。この操作は、お客様のライセンスを取得したコンピューターがパブリックまたはプライベート ネットワークに接続されると、自動的に実行されます。ただし、エンタープライズ ドメインなどの管理されたネットワーク上では実行されません。お客様が使用しているプログラムで Teredo が IPv6 接続を使用するように要求されている場合、またはお客様が常に IPv6 接続を有効にするようにファイアウォールを構成している場合、Teredo はインターネットを介して Microsoft Teredo サービスと定期的に連絡を取り合います。このとき、マイクロソフトに送信される情報は、標準的なコンピューター情報と要求されたサービス名 (teredo.ipv6.microsoft.com など) のみです。Teredo によってお客様のコンピューターから送信された情報は、お客様のコンピューターがインターネットに接続されているかどうか、また公開されている IPv6 サービスを検索できるかどうかを判断する目的で使用されます。IPv6 サービスが見つかると、IPv6 サービスとの接続を維持するために情報が送信されます。

h. プラグ アンド プレイおよびプラグ アンド プレイの拡張 。お客様のコンピューターには、お客様のコンピューターに接続したハードウェアとの通信に必要なドライバーが含まれていない場合があります。その場合は、本ソフトウェアの更新機能を使用して正しいドライバーを取得し、お客様のコンピューターにインストールできます。管理者は、この更新機能を解除することができます。

i. デジタル証明書。本ソフトウェアはデジタル証明書を使用して、X.509 標準暗号化情報を送信するインターネット ユーザーの身元を特定したり、ファイルやマクロの電子署名に使用したり、ファイルの内容が損なわれてないことおよび作成元を証明したりできます。本ソフトウェアは、インターネットを介して証明書、証明書失効リスト、および信頼できる認証機関のリストを取得し、更新する場合があります。

j. ネットワーク認識。ネットワーク トラフィックのパッシブ モニタリングまたはアクティブ DNS (または HTTP) クエリにより、システムがネットワークに接続されているかどうかが判別されます。このクエリでは、ルーティングのための標準的な TCP/IP 情報または DNS 情報の送信のみを行います。お客様は、レジストリ設定により、このアクティブ クエリ機能を解除することができます。

k. アクセラレータ。お客様が Internet Explorer でアクセラレータをクリックするかマウスでポイントすると、次のいずれかが該当するサービス プロバイダー (マイクロソフトではない場合があります) に送信されることがあります。現在の Web ページのタイトルおよび完全な Web アドレス (URL)、標準コンピューター情報、ならびにお客様が選択したコンテンツが、該当するサービス プロバイダー (マイクロソフトを除く) に送信されることがあります。詳細については、go.microsoft.com/fwlink/?linkid=239590 をご参照ください。

l. 検索プロバイダーの更新。本ソフトウェアは、検索プロバイダーに関するデータの更新をお客様のコンピューターにダウンロードします。この更新は、お客様のプロバイダーを新しいアイコンや検索候補といった最新の機能でアップグレードします。これは、1 回のみ行われる更新ですが、本ソフトウェアは本更新のダウンロードが正常に完了しない場合、更新を数回試みます。詳細については、go.microsoft.com/fwlink/?linkid=239590 をご参照ください。

m. Cookie。お客様が、本ソフトウェアでオンライン ヘルプ、オンライン サポートなどのオンライン機能を使用することを選択した場合、Cookie が設定される場合があります。Cookie をブロック、制御、および削除する方法については、go.microsoft.com/fwlink/?linkid=74170 のプライバシーに関する声明の中に記載されている Cookie に関するセクションを参照してください。

n. Windows Store。お客様は、インターネット ベースの機能に関する本ライセンス条項に加えて、go.microsoft.com/fwlink/?linkid=246694 で提供されている条項に従ってのみ、Windows Store を使用できます。また、これらの条項には、Windows 通知サービスに関する情報も含まれています。スタート画面内の Windows アプリケーションまたはプレインストールされたアプリケーションは、Windows Notification Service を 使用する場合があります。お客様は、Windows 8 のプライバシーに関する声明と Windows Store サービス条項の規定に従い、マイクロソフトがお客様に通知を送付する場合があることに同意するものとします。

6. Windows アプリケーション

Windows アプリケーション (メール、メッセージング、カレンダー、People など) は、Windows に含まれている、マイクロソフトが開発し、本ライセンス条項に基づいてお客様に使用許諾されるアプリケーションです。お客様は、スタート画面の対応するタイルから各 Windows アプリケーションにアクセスすることができます。一部の Windows アプリケーションはオンライン サービスへのアクセス ポイントを提供しており、これらのサービスの使用には別途の条項およびプライバシー ポリシーが適用される場合があります。お客様は、これらの条項およびポリシーを、アプリケーションの設定を参照することで確認できます。別途固有のライセンス条項が、お客様に表示されたり、またはアプリケーションの設定中に提示されたりしない限り、お客様は、Windows アプリケーションからアクセスするサービスが、マイクロソフト使用条件 (go.microsoft.com/fwlink/?linkid=246338)、または Xbox サービスにアクセスする Windows アプリケーションの場合はこちらの使用条件 (xbox.com/legal/livetou) の適用を受けることに同意します。マイクロソフトは、サービスを改善するための持続的な努力をしており、いつでもサービスに変更を加える可能性があります。これらのサービスを利用できない国もあります。お客様は、任意の Windows アプリケーションをいつでもアンインストールすることを選択することができます。また、お客様は、任意の Windows アプリケーションを、Windows Store からダウンロードして再インストールすることを選択することもできます。一部の Windows アプリケーションには広告が含まれています。お客様は、choice.live.com にアクセスしてパーソナライズされた広告を停止することを選択できます。

7. ライセンス証明書 ( Proof of License 」または「 POL )

お客様が本ソフトウェアを DVD またはその他の物理メディアで入手された場合、お客様のライセンス証明書は、正規のマイクロソフト Certificate of Authenticity ラベルおよび正規のマイクロソフト プロダクト キー、ならびに購入証明書になります。お客様が本ソフトウェアをオンラインで購入し、ダウンロードされた場合、お客様のライセンス証明書は、購入時に受け取った本ソフトウェアの正規のマイクロソフト プロダクト キー、および正規のマイクロソフト ソフトウェアの販売代理店による購入証明書になります。購入証明書は販売元の記録との照合が必要になります。

8. 更新プログラムおよびアップグレード

お客様は、マイクロソフトまたは正規マイクロソフト販売代理店からのみ、本ソフトウェアの更新プログラムまたはアップグレードを入手することができます。特定のアップグレード、サポート、およびその他のサービスは、正規のマイクロソフト ソフトウェアのユーザーにのみ提供される場合があります。正規 Windows 製品の詳細については、go.microsoft.com/fwlink/?linkid=104612 をご覧ください。正規のマイクロソフト ソフトウェアを識別する方法については、howtotell.com をご覧ください。

9. 権利が制限されたバージョン

再販禁止ソフトウェアまたはアカデミック パックなど、一部のバージョンの本ソフトウェアは、限定された目的のために頒布されています。お客様は、「NFR」または「Not for Resale」の表示のある本ソフトウェアを販売することはできません。また、本ソフトウェアに「アカデミック パック」、「Academic Edition」または「AE」と明記されている場合、お客様はアカデミック パック使用対象者として指定されている方でなければなりません。お客様が、アカデミック パックの詳細について確認する場合、またはお客様がアカデミック パック使用対象者かどうかを確認する場合は、microsoft.com/education を参照するか、最寄りのマイクロソフト関連会社までご連絡ください。

10. フォント、アイコン、画像、および音声

a. フォント コンポーネント 。本ソフトウェアの実行中、お客様は本ソフトウェアに付属のフォントを使用してコンテンツを表示および印刷することができます。お客様は、コンテンツを印刷するためにフォントをプリンターまたはその他の出力デバイスに一時的にダウンロードしたり、フォントの埋め込みに関する制限の下で許容される範囲でコンテンツにフォントを埋め込んだりすることができます。

b. アイコン、画像、および音声 。本ソフトウェアの実行中、お客様は、ライセンスを取得したコンピューターからのみ、本ソフトウェアに付属のアイコン、画像、音声、およびメディアにアクセスして、これらを使用することができます。本ソフトウェアと共に提供されるサンプルの画像、音声、およびメディアを共有したり、その他の目的にこれらを使用したりすることはできません。

11. . NET FRAMEWORK

本ソフトウェアには、.NET Framework のコンポーネントが 1 つ以上含まれています。.NET Framework コンポーネントを使用して内部ベンチマーク テストを実施する場合は、go.microsoft.com/fwlink/?linkid=66406 の説明に従うことを条件として使用することができます。

12. H.264/AVC および MPEG-4 ビジュアル規格と VC-1 ビデオ規格

本製品は、消費者による個人使用および非商業的使用を前提とし、「AVC PATENT PORTFOLIO LICENSE」、「VC-1 PATENT PORTFOLIO LICENSE」、「MPEG-4 PART 2 VISUAL PATENT PORTFOLIO LICENSE」に基づいて次の用途に限ってライセンスされています。(i) 上記の規格 (以下「ビデオ規格」といいます) に従ってビデオをエンコードすること、または (ii) 個人使用および非商業的活動に従事する消費者がエンコードした AVC、VC-1、および MPEG-4 PART 2 ビデオをデコードする、または、かかるビデオを提供するライセンスを有するビデオ プロバイダーから取得したビデオをデコードすること。その他の用途については、明示か黙示かを問わず、いかなるライセンスも許諾されません。詳細については、MPEG LA, L.L.C. から入手できます。MPEGLA.COM を参照してください。

13. ADOBE FLASH PLAYER

本ソフトウェアには、何らかのバージョンの Adobe Flash Player が含まれている場合があります。お客様は、お客様による Adobe Flash Player の使用には、go.microsoft.com/fwlink/?linkid=248532 で確認できる、Adobe Systems Incorporated のライセンス条項が適用されることに同意するものとします。Adobe および Flash は、Adobe Systems Incorporated の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

14. 地理的制約と輸出規制

ソフトウェア パッケージに地域が記載されている場合、お客様はその地域でのみ本ソフトウェアをアクティベーションできます。また、お客様は、本ソフトウェアに適用されるすべての国内法および国際法 (輸出対象国、エンド ユーザーおよびエンド ユーザーによる使用に関する制限を含みます) を遵守しなければなりません。地理的制約および輸出規制の詳細については、go.microsoft.com/fwlink/?linkid=141397 および www.microsoft.com/japan/exporting をご覧ください。

15. サポートおよび払い戻し手続き

マイクロソフトでは、support.microsoft.com/common/international.aspx の説明に従い、適切にライセンスを取得したソフトウェアについて、限定されたサポート サービスを提供します。

お客様が返金を請求し、本ソフトウェアの購入店から払い戻しを受けられない場合は、マイクロソフトに当社の返金ポリシーについてお尋ねください。microsoft.com/worldwide を参照するか、(800) MICROSOFT までご連絡いただくか、または microsoft.com/info/nareturns.htm をご覧ください。

16. 完全合意

本ライセンス条項 (ならびにマイクロソフトが提供しお客様が使用する任意の追加ソフトウェア、更新プログラムおよびサービス) と本ライセンス条項に記載される Web リンクに公開されている条項は、本ソフトウェアならびに当該追加ソフトウェア、更新プログラム、およびサービスに関する完全な合意です。ただし、マイクロソフトがこれら追加ソフトウェア、更新プログラム、またはサービスについて別途条項を設けている場合は、この限りではありません。本ライセンス条項は、本ソフトウェアの実行後、microsoft.com/about/legal/en/us/intellectualproperty/useterms/default.aspx にアクセスするか、または本ソフトウェア内のアクション センターの Windows ライセンス認証に記載されている手順に従うことで確認できます。また、本ライセンス条項に記載されているリンク先に掲載されている条項は、本ソフトウェアの実行後、使用しているブラウザーのアドレス バーにその URL を入力することでも確認できます。お客様は、かかる条項を確認することに同意するものとします。お客様は、本ライセンス条項が適用される各サービスまたは含まれているアプリケーション、および本ライセンス条項でリンクされている特定の条項について、サービスを利用する前に当該サービスに関する条項を読了することに同意するものとします。お客様は、サービスを使用することによって本ライセンス条項およびリンク先の条項を承認することを理解するものとします。また、本ライセンス条項には有効な情報が公開されたリンクも記載されています。お客様とマイクロソフトが法的拘束力を受ける条項が記載されたリンクは、以下のとおりです。

  • go.microsoft.com/fwlink/?linkid=190175 (Windows 8 プライバシーに関する声明)
  • go.microsoft.com/fwlink/?linkid=245495 (仲裁手続き)

· go.microsoft.com/fwlink/?linkid=104605 (Windows Media Player)

· go.microsoft.com/fwlink/?linkid=246694 (Windows Store の使用条件)

  • go.microsoft.com/fwlink/?linkid=246338 (マイクロソフトの使用条件)
  • xbox.com/legal/livetou (XBox Live 使用条件)

· go.microsoft.com/fwlink/?linkid=66406 (.NET Framework 条項)

· go.microsoft.com/fwlink/?linkid=248532 (Adobe Flash Player ライセンス条項)

品質保証規定

マイクロソフトは、本ソフトウェアに品質保証規定を設けていますか。はい。 マイクロソフトは、適切にライセンスを取得したソフトウェアが実質的に、本ソフトウェアに付属しているマイクロソフト資料に説明されているとおり動作することを保証します。この品質保証規定では、お客様が原因となって生じた問題、当社の指示にお客様が従わなかったことで生じた問題、またはマイクロソフトの合理的な支配の及ばない事柄に起因して発生した問題を対象としていません。品質保証規定は、本ソフトウェアの複製の最初のユーザーがその複製を取得した日から発効し、その後 1 年間有効です。その 1 年間にお客様がマイクロソフトから受け取ることのあるすべての追加ソフトウェア、更新プログラム、および交換ソフトウェアも保証の対象となりますが、その場合は、当該 1 年の期間の残りの日数か、または 30 日のいずれか長いほうの期間となります。本ソフトウェアを譲渡しても、その品質保証規定の期間が延長されることはありません。マイクロソフトは、その他の明示的な保証は一切行いません。 マイクロソフトは、商品性、特定目的に対する適合性、または権利侵害の不存在に関する黙示の保証は一切行わず、これらについては一切責任を負いません。地域の法律により、黙示の保証の制限をマイクロソフトが行うことが認められていない場合、黙示の保証は、上記の品質保証規定期間中に限り、法律上許容される限り、限定された内容においてお客様に与えられるものとします。地域の法律により、品質保証規定期間の延長が必要な場合、本ライセンス条項にかかわらず、その延長期間が適用されます。ただし、権利の内容は、本ライセンス条項に規定する内容に限定されます。 本ライセンス条項の後半の条文では、品質保証規定の下で保証の請求方法について規定します。

マイクロソフトが保証に違反した場合、どうなりますか。 マイクロソフトが品質保証規定に違反した場合、救済方法として本ソフトウェアを修理するか、または交換いたします。または、修理もしくは交換の代わりに、本ソフトウェアの購入にお客様が支払った金額を払い戻すこともできます。払い戻しを受けるには、 本ソフトウェアをアンインストールし、そのメディアを領収書と共にマイクロソフトに返送する必要があります。

マイクロソフトが本ライセンス条項のいずれかに違反したら、どうなりますか。 マイクロソフトから損害賠償を受ける正当な根拠がある場合、本ソフトウェアに対してお客様が支払った金額を上限として直接損害に対する賠償を受けることができます。その他の損害 ( 派生的損害、逸失利益、特別損害、間接損害、および付随的損害を含みますがこれらに限定されません) に関しては、マイクロソフトは一切責任を負いません。 本ライセンス条項に規定する損害の除外および制限は、本ソフトウェアの修理、交換、または返金によってもお客様の損失が完全に補償されない場合、および、マイクロソフトがこのような損害の可能性を認識していたか、または認識し得た場合にも適用されます。一部の地域または国では付随的損害、派生的損害、または他の損害の免責または責任の制限が認められないため、かかる責任の制限または免責がお客様に適用されない場合があります。 契約上の損害の除外の合意にもかかわらず、お客様の所在国の法律により、お客様がその他の損害に対して賠償を請求することが認められる場合であっても、本ソフトウェアにお客様が支払った額を超えることはできません。

保証に関するお問い合わせ

本ソフトウェアの品質保証規定の下、領収書などのご購入の証明が必要になります。

1. 米国およびカナダ。米国およびカナダで購入したソフトウェアの品質保証規定またはその払い戻しを受ける方法の詳細については、(800) MICROSOFT まで電話でご連絡いただくか、Microsoft Customer Service and Support, One Microsoft Way, Redmond, WA 98052-6399 まで郵便でご連絡いただくか、または microsoft.com/info/nareturns.htm をご覧ください。

2. ヨーロッパ、中東、およびアフリカ。本ソフトウェアをヨーロッパ、中東、またはアフリカで入手された場合、Microsoft Ireland Operations Limited がこの品質保証規定を履行します。保証サービスの履行をお求めの場合は、Microsoft Ireland Operations Limited, Customer Care Centre, Atrium Building Block B, Carmanhall Road, Sandyford Industrial Estate, Dublin 18, Ireland か、またはお客様の地域のマイクロソフト関連会社 (microsoft.com/worldwide) までお問い合わせください。

3. オーストラリア。オーストラリアで本ソフトウェアを購入した場合は、13 20 58 まで電話でお問い合わせいただくか、Microsoft Pty Ltd, 1 Epping Road, North Ryde NSW 2113 Australia まで郵便でお問い合わせいただき、請求を行ってください。

4. その他の国。上記の国以外で本ソフトウェアをご購入の場合は、最寄りのマイクロソフトの関連会社までご連絡ください。連絡先については、www.microsoft.com/worldwide をご参照ください。日本については、www.microsoft.com/japan/ をご参照ください。

 
ここで完全な Windows 8 システム要件を参照してください: http://windows.microsoft.com/en-US/windows-8/system-requirements
 
くださいあなたの名前を入力しますと '同意' 電子メール アドレス以下、チェックし、ライセンス条項に同意する送信を押します。マイクロソフトはのみライセンス検証の目的のためお客様の情報を使用します。詳細については、go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=248681 でプライバシーに関する声明を参照してください。
 
すべてのフィールドに入力してください。
ライセンス条項に同意します。
 

マイクロソフトの eula していただきありがとうございます